西武 ドラフト 不参加・サッカー・プロ野球・メジャーリーグ・ゴルフなど、国内外のスポーツ情報を勝手にスクラップしちゃいます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西武 ドラフト 不参加


なんか、次のドラフトに西武は参加しないという

意向らしいです。

そんなんじゃぬるいんじゃ?

未だに、球団やってることすらおかしい・・・

詳しくはこちら

 ドラフト不参加でもいい!西武の伊東勤監督(44)が18日、チーム練習が行われた埼玉・所沢の西武第2球場で球界全体を揺るがせた裏金問題の責任を取るため、球団は今秋のドラフトへの参加を自粛すべきと主張した。近日中に日本プロ野球組織(NPB)が球団に対して下す処分は「上位指名権はく奪」が濃厚。球団が参加を自粛すれば78年以来、29年ぶりに11球団でのドラフト会議が行われることになる。

 事の重大さは理解している。それが招く損失も覚悟の上だ。18日付で新たに小林信次球団社長(59)が就任(太田社長は副社長に降格)するなど球団は不正スカウト活動の再発防止に向けた新体制を発足させた。だが、伊東監督は世間に対しての“示し”として「個人的な考え」と前置きしつつ「今年はドラフトに参加すべきではない」と強い口調で言い切った。

 球団がNPBに一連の裏金問題に関する最終報告書を提出したのは今月7日。ただし、処分内容は当時の球団幹部らが減給処分を受けた程度で、西武から金銭供与を受けた東京ガス・木村が1年間の出場停止、早大・清水は退部処分など厳罰を下したアマ球界との差は歴然だった。さらにNPBの処分もドラフトの上位指名権はく奪が濃厚で、会議への参加は許される見込み。だからこそ指揮官は「たとえ下位で指名できても今年は参加せず、来年からスッキリした形で参加すればいい。それだけのことを西武は犯したから」と語った。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070519-00000000-spn-spo
スポンサーサイト
Copyright © 大型モニターで見たいスポーツ  All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。