露鵬 今度はダメ押し・サッカー・プロ野球・メジャーリーグ・ゴルフなど、国内外のスポーツ情報を勝手にスクラップしちゃいます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

露鵬 今度はダメ押し


この人はどうなっているのでしょうかね・・・

露鵬は今度は高見盛に対して強引な

ダメ押しをしたようなんです。

高見盛はその点なんとも温和な人だな~~ww

詳しくはこちら

夏場所3日目(15日、東京・両国国技館)露鵬がまたやった。平幕露鵬(27)が平幕高見盛(31)を寄り切った後、マナー違反のダメ押し行為で相手を土俵下に突き落とした。露鵬は初日に行司に暴言を吐いて審判部から注意を受けたばかり。放駒審判部長(元大関魁傑)は「これ以上、問題を起こせば何か考える」と事実上の最後通告。1横綱4大関が全員3連勝と土俵上は安泰だったが、露鵬が土俵外を騒がせた。(観衆=5500)

 今度はダメ押しだ。ロシア出身の露鵬が、右四つで左上手を引き付け、万全の寄りで高見盛を圧倒。ここで力を緩めるはずが、終わらない。高見盛が土俵を割った次の瞬間、左腕をまわしから外すと、相手の右肩をグイッと突き、右腕でも胸を押した。両手で土俵下に突き飛ばされた高見盛は、泣き出しそうな表情で花道を引き揚げた。

 力を抜いた相手への強引なダメ押し行為に、慌てたのは師匠の大嶽親方(元関脇貴闘力)だった。審判控室に向かい、この取組の審判長を務めた放駒審判部長に陳謝。約5分間、直立不動で同部長から注意を受けた。


 露鵬は「自分の顔が、相手の左肩についていたので、土俵を割ったかどうか見えなかった。相手が残ろうとしていたから、確認のために押した」と弁明。高見盛は「けがしたわけじゃないし、向こうはいろいろあって、イラついていたんでしょう」とかばったが、見る人は見ている。日本の国技の品位を汚さないためにも、協会側は今後さらに露鵬の動向に厳しい目を向けていくことになった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070516-00000021-sanspo-spo

スポンサーサイト
Copyright © 大型モニターで見たいスポーツ  All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。