露鵬 待った・サッカー・プロ野球・メジャーリーグ・ゴルフなど、国内外のスポーツ情報を勝手にスクラップしちゃいます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

露鵬 待った


露鵬の「待った」は待たれませんでしたね。

私もテレビで見ていましたが、確かになんとなく遅かったように

思いますね。

手を上げるところが・・・

みなさんどう思われましたか?

くわしくはこちら

今度は行司批判。大相撲夏場所初日(両国国技館)、ロシア出身の幕内・露鵬(27=大嶽部屋)が雅山戦での判定に不満を持ち、支度部屋で行司の木村正直(53=朝日山部屋)を批判した。露鵬は昨年の名古屋場所でもカメラマンに暴行を働き、3日間の出場停止処分を受けたばかり。厳重注意などの処分は避けられない状況となった。幕内は新小結・豊ノ島を下した横綱・朝青龍ら上位陣は安泰だった。

 判定に対する「怒り」はシャワーでは洗い流すことはできなかった。雅山に敗れた露鵬は入浴後も体全体から怒気を発したまま。裁いた木村正直に怒りの矛先を向け「耳が遠いのかと思った。行司には、右手をつく前にちゃんと(待ったを)言った。耳が悪いのなら辞めた方がいい。相撲協会も注意してもらいたい」とまくしたてた。揚げ句の果てに、土俵下の控えで行司が顔を激しく叩いたから耳が聞こえにくくなったのだとも主張。「あの行司は前は叩いていなかった」と完全にプッツン状態となり、過激な発言を繰り返した。

 立ち合いで「待った」をかけたと主張する露鵬は、立ち遅れて雅山に一気にもぐりこまれた。しかし、行司の木村正直は「残った」と言って軍配を返し、取組の成立を宣言。当然、雅山も前に出る。上体が起きあがった露鵬は左手を挙げて不成立をアピールしたが、受け入れられず、無抵抗のまま土俵を割った。

 露鵬の抗議に対し、関係者はそろって行司を支持した。木村正直は「手をついて立った時点で成立している。審判から手も挙がっていなかった」と語り、九重審判長(元横綱・千代の富士)も「何について不満なんだ。不満なら言ってこい。(待ったを)言うのが遅いんだよ」と吐き捨てた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070514-00000015-spn-spo

スポンサーサイト
Copyright © 大型モニターで見たいスポーツ  All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。